脳腫瘍は昔よりも医学が進歩しているので治癒率が高いです。

これからの治療法

聴神経腫瘍の現在とこれからの治療法について

聴神経腫瘍は治療法は確立されたガイドラインが現在は見つかっていない。 そのため病院や医師によって治療法が様々であり、受診する前に事前に病院の情報を調べる必要があります。 現在は保存的治療法と外科的治療法があります。 保存的治療法は服薬や放射線治療を行い経過観察をすることです。放射線治療の歴史は短く今後臨床実験などを通し確立していくことが必要である。また、服薬も同様で対症療法であるため寛解は難しいです。 外科的治療法は摘出手術になります。巨大化していからの場合になると完全に摘出することが難しい場合もあり早期に発見することが非常に大切になります。また、年齢のリスクや性別によるリスクもあり、傷をなるべくつくらない治療法が今後増加してくると推測されています。

早期発見が非常に大切な注意点

聴神経腫瘍は巨大な腫瘍になると命を落とす可能性のある非常にこわい病気です。 なので早期発見が非常に大切になってきます。 聴神経腫瘍は聴神経のある部位に腫瘍ができるため、並列して走行している顔面神経にも影響ができてきます。 耳が聞こえづらくなる他にも顔面の動きが悪くなるといった症状が出てくることがあります。 聴覚に関しては自分でしか気付くことができませんが、顔面の動きであれば客観的に異変を感じることができます。顔面の動きに異変が出る前には、何度も話を聞き返すことや違和感を感じているようなしぐさがある場合もあります。 身近にいる人が非常に大切で、この聴神経腫瘍のサインを見落とさないように異変を感じたら病院へ行くようにすすめましょう。

↑ PAGE TOP