脳腫瘍は昔よりも医学が進歩しているので治癒率が高いです。

死因に多いがん

年々ガンに罹る人が増えています。

ガンの種類により異なりますが、一般的にガンを発症する年齢は40歳以上となっているので、40歳を過ぎたら定期的にガン検診を受ける必要があります。 しかし20代や30代でもガンを発症する可能性は十分にありますので、40歳以下の年齢でも1年に1度はガン検診を行い、そして体の不調が気になったならば早めに医療機関へ受診することです。 風邪をひきやすい人が居るように、ガンになりやすい人というのがあります。ガンになりやすい人とは喫煙の習慣のある人、過度にアルコールやコーヒーを摂取している人、ストレスを溜めやすい人、肥満の人、高血圧の人、運動不足の人、ホルモンバランスが崩れている人などはガンに罹りやすい傾向にあります。

特に気をつけなければならないのは喫煙です。

喫煙は肺がんのリスクが高まることはもちろんのこと、肺がん以外のほとんどのガンの発症リスクを高める危険性があります。 それではガンの中で最近は女性の発症率や死亡率が増加している肺がんについて説明します。 先ほど述べたように肺がんを発症する大きな要因は喫煙です。しかし喫煙していなくても、タバコの煙(副流煙)によって喫煙習慣のない人でも肺がんを発症する確率が高まります。 肺がんになってしまった時の治療方法は手術、放射線療法、薬物療法による治療になります。 肺がんに限らずガンの治療は保険が適応されますので、年齢や保険の種類により異なりますが1〜3割の負担になります。肺がんの治療にかかる平均的な治療費は227521円となっています。

↑ PAGE TOP