脳腫瘍は昔よりも医学が進歩しているので治癒率が高いです。

医師と看護師

脳の病気

脳腫瘍という病気は当然大昔からありましたが、きちんとした検査が出来ない中で紀元前に頭を開頭して治療を行ったという記録も残っています。きちんとした医学的見地から治療が始められるようになってきたのは20世紀になってからです。最初はX線検査と頭の変化や神経学的な所見から判断していました。それから脳血管像影などが開発されて飛躍的な進歩を遂げて行きました。1970年代に入るとCTスキャンが開発されたことによりさらなる進化で飛躍的に精度が高まりました。検査に対する負担も初期の検査よりも格段に減り楽になって行きました。早い段階から的確な検査が出来るようになったおかげで脳腫瘍の治療も的確に行えるようになり治癒率も上がっています。

今後の脳腫瘍の治療というのはいろいろな方面の治療がそれぞれ進化していき、さらに組み合わせて治療を行っていくことで効果をさらに高めていくことになります。手術の場合は新しい術式や器具などがそれにあたります。人間が難しい場合でもロボットが寸分の狂いもなく行うことが出来るような研究もされています。また化学療法も薬は日進月歩で研究されています。新薬として開発されて使用が認められているものもありますし、研究段階ですが効果が認められているものもあります。頭は非常に繊細な部分ですから治療は慎重を要します。現在では難しい場合でも多方面から研究開発は行われていますから、脳腫瘍の治癒率はさらに高まっていくことが期待されています。

TOPICS

痛みが伴う病気

足や肩など、肉と関節が混じっている部分に起こりうる病気が骨肉腫です。痛みが伴ってくるので、痛いと感じたときは我慢せずにすぐ病院を受診することが大切です。腫瘍を摘出する手術が受けられます。

詳細を見る

これからの治療法

放置していても治りにくい聴神経腫瘍は、薬を使ったり放射線を使ったりして治療を進めていきます。腫瘍がある場合は、外科手術で巨大化する前に取り除くことが治療法として勧められています。

詳細を見る

死因に多いがん

医師と看護師と患者

肺がんにかかる現代人は多く存在します。ストレスや食生活などの生活習慣の改善や、喫煙者は禁煙する取り組みを進めることが大切です。黒ずんだ肺は活動能力が低くなるので、がんにかかっていないか調べることが大切です。

詳細を見る

↑ PAGE TOP